お知らせとニュース

第5回「人を支えるロボット技術の今後の国・地方自治体・民間の方針と取り組み事例」【9月2日開催】

2016年7月29日|イベント

daiwa05_01.jpg

お申し込み

受付は終了しました!

facebookページ
イベント情報を発信していきます!

プログラムについて

今回の「第5回:人を支えるテクノロジーの未来共創プログラム」で、大和ハウス工業協力による本プログラムは最終回になります!テーマは,「人を支えるロボット技術の国・地方自治体、民間のそれぞれの取り組み事例と未来の展望」です。高齢者や障害者など、なんらか支援を必要としている人、また支えている人々や仕組みを、ロボットのテクノロジーを活用する取り組は、このところ目覚ましく発達してきました。また、政府でもその関連の制度や仕組みを整えるために大きく動き出しています。そこで、今回のセミナーにおいては、前半で経済産業省と連携して、日本の高度なロボット技術を活用した介護ロボットの実用化に向けて、開発・介護の両方の現場をつなぐ支援を行っている「公益財団法人テクノエイド協会」、また、全国の都道府県の中でも先進的でユニークな取り組みをはじめている、川崎市経済労働局次世代産業推進室の「ウェルフェアイノベーション」の取り組みについてお話をしていただきます。後半では、最近ベットが車椅子になる「リショーネ」などを開発した、パナソニックをお招きし、ユニバーサルな製品を生む出すための取り組み事例と共に、開発まで流れや現状を伺います。またとない機会ですので、ぜひご参加ください!

※参考
公益財団法人テクノエイド協会 http://www.techno-aids.or.jp
川崎市の「ウェルフェアイノベーション」https://kawasaki-wi.net
パナソニックの生活支援ロボット事例の離床アシスタントベット「リショーネ」
http://www.panasonic.com/jp/company/ppe/resyone.html
(動画)http://channel.panasonic.com/jp/contents/11910/

開催趣旨

現在、日本は「少子高齢化」が進んだことによって、全国民のほぼ4人に1人は65才以上の高齢者であり、さらになんらかの加齢を感じだす50歳以上も、すでに全人口の45%にも達しています。この状況では、国内の若い世代だけで高齢者を支えていくのは難しく、様々な課題が山積みです。そこで、今後はロボットをはじめとする人を支えるテクノロジーや、サービスの発達と運用がますます重要になってきます.それに先立ち、現在開発されているロボットをはじめとするIoTに関して、ユーザー目線で多様な方々と共に学び考えていき、よりよい未来を共に創っていくことを目的としたプログラムです。

開催概要

開催日時 2016年9月2日(金)
セミナー18:00〜19:50分 交流会20:00〜20:40分
会場 大和ハウス工業株式会社 東京本社 3階セミナールーム
〒102-8112 東京都千代田区飯田橋三丁目13番1号 
参加人数 40名
参加費 3,000円(交流会費も含む)
支払方法 当日現金にて
18:00〜18:05 挨拶
18:05〜18:30
介護ロボットの現状と今後の展開

講演者:五島清国(ごしまきよくに)氏
公益財団法人テクノエイド協会 企画部部長

ph_goshima.jpg1993/2 財団法人テクノエイド協会企画部より現在に至る。
福祉用具及び介護ロボットに関わる調査研究及び情報提供事業を担当
これまで厚生労働省から受託した「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」、「補装具費支給制度における貸与方式導入の在り方に関する調査研究」、「障害者自立支援機器等開発促進事業」等を行うとともに、福祉用具情報提供システムを運用し、市町村や医療・福祉の従事者、供給事業者等に対して福祉用具の情報提供を行っている。
18:30〜18:45

川崎市のウェルフェアイノベーションの取り組み

講演者:滝口和央(たきぐち かずお)氏
川崎市経済労働局次世代産業推進室
ウェルフェアイノベーション 担当係長

ph_takiguchi.jpg

2002年に中央大学総合政策学部卒業後、川崎市役所に入庁。児童虐待、DV、ホームレス、一人暮らし高齢者などのワーカー業務に従事。その後、要保護児童対策、障害者虐待、障害者雇用・就労施策の企画立案に従事し、2016年度から経済労働局次世代産業推進室へ異動し、基礎自治体ならではの現場と企業との橋渡し役として、福祉の課題を産業の力で解決していくウェルフェアイノベーションの創出に携わる。

18:45〜18:55 質疑応答
18:55〜19:05 休憩
19:05〜19:40
パナソニックのユニバーサルな取り組みとリショーネの開発事例

講演者:黒川 崇裕 (くろかわ たかひろ)氏
パナソニック株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部
パラリンピック総括部アクセシビリティ担当 主幹

ph_kurokawa.jpg

1994年東京工業大学大学院制御工学専攻修了。
同年松下電器産業(現パナソニック)株式会社入社。
産業用ロボット研究開発を担当。
現在,同社パラリンピック統括部にて企画開発に従事。

講演者:河上 日出生(かわかみ ひでお)氏
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
エイジフリービジネスユニット ロボット・リハビリ事業開発部

ph_kawakami.jpg

1990年大阪大学基礎工学部機械工学科卒業。
同年三洋電機株式会社入社。
介護/リハビリロボット研究開発を担当。
2006年松下電器産業(現パナソニック)株式会社入社。
現在,同社にて介護支援ロボット開発に従事。

19:40〜19:50 事務局からのインフォメーション
20:00〜20:40 交流会

お申し込み

お申し込み

主催/協力

  • 主催:NPO法人ハーモニー・アイ
  • 協力:大和ハウス工業株式会社

お知らせとニュース 一覧

ページの先頭へ

  • 賛助・入会について
  • コラム
  • だれもが使えるウェブコンクール

ご協力いただいている団体

  • アルファサード株式会社
  • 生協パルシステム東京

© NPO法人 ハーモニー・アイ. All rights reserved.