お知らせとニュース

<受付終了>第4回「ロボット技術を使った見守りシステムの紹介と未来を考える」【7月26日開催】

2016年6月28日|イベント

第4回「ロボット技術を使った見守りシステムの紹介と未来を考える」(7月26日開催)

お申し込み

facebookページ
イベント情報を発信していきます!

受付は終了しました!

プログラムについて

第4回目のテーマは「見守り」です。介護現場での見守り、そして高齢者のご自宅での見守りは、今とても大切な課題です。そこで、今回はベンチャー企業の株式会社MJIの共同執行役員である永守知博氏を迎え、6月から発売されたばかりのAIロボット「タピア」の紹介を通して、AIを使ったコミュニケーションやスマートハウスの未来の新しい見守りについて話していただいます。また、キング通信工業株式会社の開発者である吉村真人氏より、介護される方の動きをシルエット画像で判別することによってプライバシーに配慮しながら徘徊やベッドからの落下などの問題を未然に解決するシステムの紹介をしていただき、介護現場での事故防止の見守りについて話していただきます。(※セミナー終了後には、交流会を実施予定です)

※参考
AIロボット「タピア」 http://mjirobotics.co.jp/
シルエット見守りセンサ https://www.king-tsushin.co.jp/products/silhouette/

開催趣旨

現在、日本は「少子高齢化」が進んだことによって、全国民のほぼ4人に1人は65才以上の高齢者であり、さらになんらかの加齢を感じだす50歳以上も、すでに全人口の45%にも達しています。この状況では、国内の若い世代だけで高齢者を支えていくのは難しく、様々な課題が山積みです。そこで、今後はロボットをはじめとする人を支えるテクノロジーや、サービスの発達と運用がますます重要になってきます.それに先立ち、現在開発されているロボットをはじめとするIoTに関して、ユーザー目線で多様な方々と共に学び考えていき、よりよい未来を共に創っていくことを目的としたプログラムです。

開催概要

開催日時 2016年7月26日(火)
セミナー18:30〜19:50分 交流会20:00〜20:40分
会場 大和ハウス工業株式会社 東京本社 3階セミナールーム
〒102-8112 東京都千代田区飯田橋三丁目13番1号 
参加人数 40名
参加費 3,000円(交流会費も含む)
支払方法 当日現金にて
18:35-18:55
「シルエット画像による高齢者見守りシステムの紹介」

吉村真人(よしむら まさと)氏
キング通信工業株式会社 営業統括本部 事業開発課 係長
https://www.king-tsushin.co.jp/

吉村正人(よしむら まさと)氏写真東京農工大学卒。 2001年キング通信工業(セキュリティ機器を設計・製造・販売)入社し、ホームセキュリティや各種センサの開発に従事。2012年よりシルエット画像を利用した「介護現場の困りごとを解決できる見守りセンサ」の理想像を施設へ直接訪問してお聞きし、介護に係わる方々の負担軽減を目指した「シルエット見守りセンサ」の開発に携わる。
18:55-19:25

AIロボット「タピア」を使った見守り事例の紹介と未来

講演者:永守知博 (ながもり ともひろ)氏
株式会社MJI 共同設立者兼執行役員
http://mjirobotics.co.jp/

永守知博 (ながもり ともひろ)氏写真

1976 年2月生まれ、京都市出身。
2000 年に明治大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻を卒業後、富士通株式会社でメカ設計エンジニアとして勤務。
2005 年に米国マサチューセッツ州ボストンのSuffolk UniversityでMBA取得、帰国後は日本電産グループ各社で勤務。
2009 年4月にエルステッドインターナショナルを設立
2015 年8月に株式会社MJIの設立に参加、共同設立者兼執行役員に就任

19:25〜19:45 質疑応答
19:45〜19:50 事務局からのインフォメーション

お申し込み

お申し込み

主催/協力

  • 主催:NPO法人ハーモニー・アイ
  • 協力:大和ハウス工業株式会社

お知らせとニュース 一覧

ページの先頭へ

  • 賛助・入会について
  • コラム
  • だれもが使えるウェブコンクール

ご協力いただいている団体

  • アルファサード株式会社
  • 生協パルシステム東京

© NPO法人 ハーモニー・アイ. All rights reserved.