NPO法人 ハーモニー・アイ私たちはiPadを通してロービジョン(弱視者)の方の支援を行います。hamony-i サポーター

私たちの活動について

今後の活動の告知、募集と、これまでの活動履歴です。

これからiPadを使ってみたいロービジョン(弱視者)の方へ
第1回"はじめてのiPad体験会"のお知らせ(開催日:6月15日)

終了・レポートを読む

体験会レポート

目が見えにくい、見えにくくなりつつある皆さんにとって、iPadがどんな風に役に立つのか、体験して頂きました!

1. いざ、iPad体験です!

一人一台iPadを持ち、サポーターが一人ずつ付いて、基本機能(カメラ、インターネット、電子書籍など)+アクセシビリティ機能を体験して頂きました。

  • iPadを目の前に持ってきて操作している様子

体験した後の反応は、新しい機器に初めて触れた喜びと戸惑いがない交ぜになりましたが、

  • 新しいことにチャレンジできて楽しかった!
  • 進行性と知って、点字を覚えるしかないと考えていたけど、色々な可能性があることが分かって、希望が持てた。
  • もっとiPadの使い方を知りたい。

と、体験前と比べ、前向きな気持ちになって頂けました。

体験会を通して、ロービジョン(弱視者)になってもiPadのアクセシビリティ機能を使えれば晴眼者と同じように、情報を得ることができることができる。
諦めたり、難しい点字を覚える以外にも選択肢がある。
ということを知って頂けて、とても良かったと思います。

最後に、俳句の投稿が趣味という参加者Aさんが、気持の高ぶりを三浦雄一郎さんのエベレスト登頂を絡めて詠んで下さった一句を添えさせて頂きます。

「エベレスト(チョモランマ)踏まえ 傘寿の足聳(そび)ゆ」

ありがとうございました!

  • サポーターが解説している様子
  • サポーターが質問に回答している様子

2.参加者

  • 氏名(Aさん)
  • 年齢(80代中頃)
  • 性別:男性
  • 病名と症状:緑内障
  • 視野狭窄で下側が半分が見えない。両目0.5程度の視力
  • 普段の生活での見え方や特性
  • 大きな文字の新聞は読める。また、辞書もどうにか見える。
    眩しさを感じるため、屋内外の環境に合わせてサングラスを使い分けている
  • 現在使用しているIT機器や支援機器
    特別になし。携帯も使用していない。文章を書くときには、赤い色の罫線のラインのわかる、シートとノートの上に置き文字を書いている。
  • 氏名(Bさん)
  • 年齢(50代)
  • 性別:女性
  • 病名と症状:緑内障、網膜色素変性症
    視野が徐々に欠けてきている
  • 普段の生活での見え方や特性
    家族の会社の事務作業などを手伝っている
  • 現在使用しているIT機器や支援機器
    パソコンでインターネットの閲覧、メール、写真の整理をしている。
  • 氏名(Cさん)
  • 年齢(50代)
  • 性別:女性
  • 病名と症状:黄斑変性
  • 普段の生活での見え方や特性
    小さい字が読めずルーペを必要とする。
  • 現在使用しているIT機器や支援機器
    パソコンは操作できない。らくらくホンを使用しているが電話のみでメールなどの機能は使用していない

この記事を読んで当会の考えに賛同し、ご協力頂ける意思がありましたら、以下のお問い合わせフォームからご連絡頂ければ幸いです。

お問い合わせフォーム

パソコンから携帯から

携帯版お問い合わせフォームQRコード
携帯版お問い合わせフォームQRコード

講座について

iPadは見えにくいロービジョンの人でも、かなり便利に使えるらしい?!と、最近よく耳にするけど、「実際にゆっくり試して見ないと不安?」とか、「果たしてなにが出来るのかが具体的にわからない?」という方は、とても多いのではないでしょうか。
そんな方へ向けた、ロービジョン向け「はじめてのiPad体験会」を開催します。

タブレット型で気軽に持ち歩けるiPad。
なんといっても、だれもが使える機能(アクセシビリティ機能)が最初から備わっていることにより、現在、ロービジョンの方々へも広がりはじめています。

文字や画像の拡大、声での読み上げ、画面の白黒反転などを自分好みに設定し使える、また、アプリと呼ばれる色々なことが便利にできるアプリケーションを気軽に追加できる、カメラが本体に備わっているので、そのカメラで見えにくいものを撮影し拡大したり、記録を撮るのに撮影したりということも出来る魅力的な新しいIT機器です。

しかし、意外にロービジョンの方へ向けた説明を受けながら、ゆっくり体験する場がないとか、今までにない機器なので、いったいなにをどう使うのか?具体的な情報をリアルに得られないで困っている方が多いかと思います。

そこで、ハーモニー・アイではそういった方々を支援するiPadサポーターたちと共に、この度6月15日(土曜日)に、ロービジョン当事者で既に活用している方へもお手伝いいただきながら、実際に手に取って60分間体験できる体験会を開催します。ぜひ、興味のある方はこのチャンスにご参加ください。
(※1人1台のiPadを持って体験するため、募集は少人数となります。ご了承ください)

日時
2013年 6月 15日(土曜日)13時40分~14時40分 ※受付け 13時30分頃より開始
場所
株式会社 アーク情報システム 会議室 (市ヶ谷駅から徒歩 約2分)
東京都千代田区五番町6-1 サンビューハイツ5番町 AKビル2階 (居酒屋 素材屋の向いの入り口から)【アクセスマップ】
(※当日はビルの前で担当が待機します。)
googleマップご利用の方はこのリンクで地図を開いてください。
受講者
6名 (定員がオーバーした場合には、抽選となります。後ほど参加者様へはメールにてご案内いたします。)
講習内容
  • iPadってどんなもの?
  • 触って試してみよう
  • 感想などを交え懇談
参加費
無料(※ハーモニー・アイの活動へワンコイン500円の寄付を当日お願いいたします)
参加条件
原則として、以下の条件を満たしている方を対象とさせていただきます
  • 今後、iPadにチャレンジしたいと思っている方
  • 現在、拡大等であくまでも目で文字を見ている方(今回は、音声だけを頼りに、IT機器を操作している方は対象外とさせていただきます。)
お申込み
申込は以下のメールアドレスから、指定の件名、本分内容を記入の上、お願いします。
ハーモニー・アイ事務局 : harmony-i@harmony-i.org
【件名】6月15日ロービジョン向けiPad体験会申込

【本文】
  1. 氏名:
  2. 住所:(○○区、または町までの記入で良いです)
  3. 電話:(連絡のとれるもの)
  4. 年代:
  5. ご自身の現在の見え方(なるべく具体的に記入ください。例:視野狭窄はあるが、パソコンで白黒反転で文字拡大で文字は見ているなど):
  6. 申し込んだ動機:
お申込み締切
6月8日(土曜日)
当選のご連絡は、6月10日(月曜日)にメールにていたします。

このページの先頭に戻る