NPO法人 ハーモニー・アイ だれでもが使える
情報コミュニケーションを目指して!
サイトマップ(メニュー一覧)
お問い合わせ
事務所所在地
本文を跳ばして、メニュー項目へ

現在位置

アクセシビリティ情報

2011年10月30日更新

▲このページの先頭へ戻る

情報通信機器、ソフトウェア及びサービスのアクセビリティ

高齢者、障害のある人々及び一時的な障害のある人を含む全ての人々が、支障なく情報機器やWebコンテンツのサービスやソフトウェアを操作でき使用できることは、ユニバーサルな「誰もが、どんな状況においても接続可能な社会」には欠かすことが出来ない、とても重要なことです。

▲このページの先頭へ戻る

利用者の現状と声

視覚障害者の人口は、30.6万人。そのうち全盲は11万人、弱視者は残る19万人程度ととされています。中途視覚障害者が70%を占め、高齢化率も高くなっています。

中途視覚障害者にとって点字の習得は非常に困難なもので、現在点字利用者の人口はわずか3万人程度(10%)です。

このような現状から、点字に変わるものとして、インターネットを通しての情報の収集や発信は、益々重要なものといえます。

詳しくは、利用者の声と現状のページをご覧ください

▲このページの先頭へ戻る

▲ホームへ戻る

©NPO法人 ハーモニー・アイ. All rights reserved.